【5分で分かるシリーズ】ドメインとは?編

どうも★
岐阜県を中心にホームページ制作をおこなっているエイトクリエイターズです!!

今回からスタートする【5分で分かるシリーズ】

この記事は名前は知っているけど、実際はよく分からないIT関連のシステムやサービス等を分かりやすく解説していきます★

第1回 ドメイン編

ドメイン

まずドメインという言葉は聞いたことありますか?

簡単に言いますと、yahoo.co.jpやgoogle.com等のホームページにアクセスする時に入力するアドレスのことです。

ホームページと言っても元々は様々なファイルが集まって表示しております。

そのファイルはインターネット上のコンピューター(サーバー)にあるため
そこにアクセスするためには、IPアドレス(インタネット上の住所)という数字が必要になります。

しかしその数字を覚えるのはなかなか大変なので
自分の好きな名称をつけて、サーバーのIPアドレスと紐付けして
アクセスしやすいようにするのが、このドメインです。

もちろん契約のサーバーによってはIPアドレスだけでアクセス出来る場合もありドメインは不要な事もありますが
なかなか好んでドメインなしにする人や会社はいないと思います。

当社のクライアント様では0です。笑

よくドメインは『インタネット上の住所』と表現される場合がありますが
正確に言うとドメインは『インタネット上の住所を分かりやすくする名称』が正しいです。

ドメインの種類はあるの?

現在ドメインの種類(.com等)は500種類以上あります。
でもcomやnet、co.jp等何が違うの?とよく聞かれます。
そこで代表的なドメインを解説したいと思います。

COM(コム) 商業組織用 誰でも登録が可能です。
CO.JP(シーオー.ジェイピー) 商業組織用 日本国内で登記を行っている会社が登録できます。
.JP(.ジェイピー) 制限なし 日本国内に住所をもつ個人や団体等であれば登録できます。
NET(ネット) ネットワーク用 誰でも登録が可能です。
org(オルグ) 非営利組織用 誰でも登録が可能です。
info(info) 制限なし 誰でも登録が可能です。
biz(ビズ) ビジネス用 ビジネス利用者

※出典 https://jprs.jp/

おそらく一般企業や団体、お店であれば上記に該当されると思います。

やはりおすすめは.comもしくは.co.jpだと思います。

しかしドメインは世界に1つだけなので既に世界中の誰かが取得しているドメインは取得できませんのでご注意下さい。

後は長すぎるドメインも個人的にはNGだと思います。

なぜなら名刺やチラシに記載した時に長いと見る人が入力するのが大変になり
『めんどくさい』となってしますのでおすすめしません。
見た目のバランスも悪いですしね!

ドメインのまとめ

ドメインとはホームページのファイルにアクセスする際に必要なIPアドレスを
分かりやすく文字に変換してくれるのがドメインです。

サーバーによっては不要ですが必ず取得しましょう。

なのでお店名や会社名にすることを考えつつ、分かりやすく入力しやすい
ドメインを取得する事をおすすめします!


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL